イオンカードのお買い物保険「ショッピングセーフティ保険」は非常にお得!

イオンカードのお買い物保険「ショッピングセーフティ保険」は非常にお得!イオンカード

買ったばかりのノートパソコンを購入後3日で落として壊したことのある鈴木です。

もう泣くに泣けませんよ。

クレジットカードで購入した商品が破損・盗難・紛失等の被害にあった場合、購入後90~200日までは補償をしてくれる保険がクレジットカードのサービスついていることがあります。

その保険の中でも最強と言われるのがイオンカードのショッピングセーフティ保険です。

クレジットカードのショッピング保険について

クレジットカードのショッピング保険とは、クレジットカードで物品を購入した場合、購入後90日から200日以内(カードにより異なる)に下記のようなことが発生した場合に、そのクレジットカード会社が全額もしくは一部、または修理代を支払ってくれる補償のことです。

  • 壊れてしまった
  • 壊してしまった(故意では無い場合のみ)
  • 火災で使えなくなった、
  • 盗まれてしまった

補償の内容はクレジットカード各社の規定によって異なります。厳密にはクレジットカード会社が加入している損害保険会社の規定によります。

また、免責金額が発生する場合がほとんどです。

面積金額・免責額とは、自分で負担をしなければいけない金額のことです。

例えば免責額が1万円と決まっていた場合、修理代が3万円なら3万円の内、1万円は自分で負担することになります。

イオンカードの「ショッピングセーフティ保険」の内容

イオンカードのショッピングセーフティ保険の内容は下記のとおりです。

  • 年間補償金額:50万円まで(イオンゴールドカードは300万円まで)
  • 免責額:無料
  • 補償期間:購入後180日まで
  • 補償対象商品:1品5000円以上の商品
  • 補償の範囲:偶然による事故(破損事故・火災事故・盗難事故)

補償されない商品もあります。補償されない商品の代表的なものは下記のものです。

  • 貴金属類・骨董品・絵画
  • コンタクトレンズ
  • 入歯・義歯・義手等
  • 自転車
  • 自動車・自動二輪車
  • 消耗品や消耗品に準じるもの
  • 生体(ペットや植物)
  • 食料品・飲料
  • ガラス製品

また対象商品でも下記の場合は補償の対象外となります。

  • クレジット名義人と生計を一緒にしていない親族以外
  • サビや塗料の剥がれ(機能に関係ない場合)
  • 変形が最初から予想されるもの(楽器の弦やラケットのガット等)
  • データの損害(デジカメのメモリカードのデータが消えた等)
  • 商品の引き渡し前の事故による損害

最後の商品の引き渡し前の事故による損害って意味がわかりにくいですが、簡単に言えば配達中の事故ということです。

商品を宅配便で受け取って開封したら壊れていた、という場合は対象外です(それは発送元か宅配便業者の責任になります)。

対象となる嬉しい商品

家電製品でも最近は破損の補償が有料でもついていない場合がありますが、イオンカードの「ショッピングセーフティ保険」なら下記のものでも補償の対象となります。

  • デジタルカメラ
  • デジタルビデオカメラ
  • スマートフォン(iPhone等)
  • タブレット
  • パソコン・ノートパソコン

例えば旅行に行くからちょっと良いデジカメを購入したけど、旅行先で落として壊してしまった、なんて時にも補償をしてもらえるのが嬉しいところ

他のクレジットカードだとパソコンやデジカメ、スマホはショッピング保険の対象外となっている場合もありますから。

他のクレジットカードのショッピング保険との比較

イオンカードのショッピングセーフティ保険が他のクレジットカードと比べてどれぐらい素晴らしいのか比較して説明します。

クレジットカード名年間補償額免責額補償期間スマホの補償
イオンカード
(提携カード含む)
50万円
(ゴールドは300万)
無料180日間対象
セブンカード・プラス海外のみ100万円1万円90日間対象外
楽天カード30万円5000円60日間対象外
三井住友カード(*1)100万円~3000円200日間対象外
JCBカード(*1)100万円~1万円90日間対象外

*1:クレジットカードのグレード・種類によって年間補償額や免責額、対象商品が異なってくることがあります。

上記は有名なクレジットカードのショッピング保険の内容です。

イオンは年間の補償額はそれほど多くはありませんが、年間で50万円以上も補償して欲しい商品を購入される方は稀だと思うので、それほど重要ではありません。

それよりも免責額が無料なのはイオンカードくらいです。

そして補償期間は三井住友カードが200日と長いですが、免責額やスマホの補償が無いこと、基本的に年会費がかかるクレジットカードであることを考えると、それほど素晴らしい内容にはなっていません。

またイオンカード以外でスマホまで補償してくれるのは、年会費が1万円以上はかかるアメックスかダイナースクラブくらいです。

またアメックスもダイナースクラブも免責額は1万円となっています。

イオンカードのショッピング保険がどれだけ優れているか、おわかりいただけたと思います。

ショッピング保険の申請に必要な書類と注意点

万が一のことがあって、ショッピング保険を申請する場合、必要な書類があります。

  • クレジットカード売上伝票控え もしくはそれに類するもの
  • 保険金額請求書
  • 修理であれば修理見積書
  • 盗難であれば盗難届受理番号と届け出警察署名
  • 火災であれば罹災証明書
  • 損害品の写真(最低2点・全体と損害箇所)
  • 振込先口座のわかるもの(通帳のコピーが求められることも)

クレジットカードの売上伝票もしくは本当に該当のクレジットカードで購入したか証明出来るものが必要です。

高額品を購入したらレシート等の控えと保証書はセットで保管しておきましょう。

そして修理や火災、盗難ではそれを証明する書類が必要です。証明する書類が無ければ当然、補償してもらえません。

また補償金が振り込まれるまでは念の為に壊れたモノも捨てずに保管しておくことをおすすめします。

家電の延長保証も検討を

家電製品なら販売しているところで延長保証を無料でつけてくれたり購入金額の3~5%でつけてくれるところもありますよね。

クレジットカードではなく現金派の方なら販売店が行っている延長保証を申し込む方もいますし、クレジットカードの支払いでも長く保証してもらいたいから加入される方は多いと思います。

ただ延長保証もクレジットカードのお買物保険も、つけていることを忘れてしまったり補償に必要な書類(購入したことがわかるもの、レシートやクレジットカード利用の控え)が無いことには、使うことができません。

必ず高額商品を購入した時はいろいろな控え・明細・保証書は保管しておきましょうね。

以上、イオンカードのお買い物保険「ショッピングセーフティ保険」についてでした。

なおイオンカードの中でも最もお得なのはイオンカードセレクトです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました