出向・派遣されている会社員がクレジットカードを作る場合、出向元・出向先、どっちの勤務先を申込書に書くべき?

出向・派遣されている会社員がクレジットカードを作る場合クレジットカードの基本

サラリーマン時代、3回も出向を経験したことがある鈴木です。

出向期間中にクレジットカードを申し込もうとしたことがあるのですが、出向元とか出向先、どっちにどの会社を書いて良いのか悩んだりしました。

役職とか電話番号とか社員数、勤務歴とか、どちらを基準に書いて良いのかも悩んだり。

出向している時や派遣されている時にクレジットカードの申込み欄に書く項目、どのように書けば良いか詳しく解説します。

出向元とは?出向先とは?派遣元・派遣先とは?

まず出向先と出向元、派遣元・派遣先について説明します。

Aという会社に就職をしたとします。Aという会社の子会社にBという会社がありました。

あなたはAという会社の社員ですが、Bという会社に出向するように辞令が出たのでBという会社に派遣されて働くようになりました。

出向の説明図

図で表すと上記のような状態です。

でも給料を支払っている(振り込んでいる)のは会社Aであり健康保険証を発行しているのも会社Aであれば出向元・派遣元はAとなり、出向先・派遣先はBということになります。

  • 出向元・派遣元はA=元々就職した会社
  • 出向先・派遣先はB=辞令が出て出向した会社
給料を表面的にせよ、支払っている会社・保険証を発行している会社が出向元・派遣元となる。ただし一部例外もあり

目次に戻る

クレジットカードを作る際の勤務先、基本は出向元を書く

出向中にクレジットカードを作る場合、勤務先は出向元か出向先、どちらを書くのかといえば、基本は出向元・派遣元を書きます

ただし例外もありますので説明していきます。

下記は今回、出向元・派遣元、出向先・派遣先、どちらを書くのが正しいのか参考にしようと思ってもらってきたクレジットカードの申込書の職業記入欄です。

クレジットカード 勤め先記入欄

クレジットカード 勤め先記入欄

  • お勤め先または屋号(派遣元名・正式名称)
  • 所属部署(出向先名・派遣先名)
  • 役職名
  • 所在地(派遣元)
  • 直通電話(派遣先)
  • 本社電話番号(派遣元)
  • 入社年月日(派遣元)
  • 従業員人数(人)
  • 資本金

上記の記入先がありました。おそらくこれが最も会社情報を書く時に細分化されている状態でしょう。

お勤め先または屋号(派遣元名・正式名称)

元々就職した会社名をここでは書きます。今働いている会社名ではありません。

元々就職した会社(出向元・派遣元)を書くようにしてください。

なお一部のクレジットカードの申込書には「原籍会社名」「本籍会社名」となっている場合があります。

所属部署(出向先名・派遣先名)

所属部署があった場合は、ここに今働いている会社名(出向先・出向先)を書きます。

部署となっていますが会社名で問題ありません。

役職名

役職名を悩むことも多いと思いますが、ここは基本的には「出向元・派遣元」(元々就職した会社)の役職名を書くのが一般的です。

役職名が無い場合は、「なし」という記載で問題ありません。

所在地(派遣元)

会社の所在地を書く場合は、「出向元・派遣元」(元々就職した会社)を書きます。

直通電話(派遣先)

直通電話番号なので、今働いている会社の電話番号を書くことになります。

クレジットカードを作る場合、在籍確認として知人を装ってクレジットカード会社が確認の電話をしてくることがあります。

その時に在籍確認が取れる今勤めている会社の電話番号であることが必要です。

本社電話番号(派遣元)

本社電話番号は元々就職した会社(出向元・派遣元)の電話番号を書きます。

ただ大きな企業だと本社電話番号って逆に知らないですよね。その場合は調べて本社電話番号を書くようにしてください。

入社年月日(派遣元)

入社年月日は元々就職した会社(出向元・派遣元)に就職した入社年月日を書きます。

派遣先・出向先の入社年月日だと勤務期間が短くなって不利になるだけですし、クレジットカード会社は転職しないで勤めているかを知りたい部分が大きいので、出向元・派遣元の電話番号で問題ありません。

また会社の営業年数を書く場合もありますが、その場合も元々就職した会社(出向元・派遣元)の営業年数を書くのが一般的です。

従業員人数(人)

従業員人数は基本的には元々就職した会社(出向元・派遣元)の従業員数で構いません。

これはクレジットカード会社が会社の規模を調べる時に会社が公的に届けている社員数と比較する時に使うことが多いので、会社が公表している従業員数を書けば大丈夫です。

資本金

資本金も元々就職した会社(出向元・派遣元)のものを書きます。

例外もある出向期間中のクレジットカードの書き方

基本的に上に書いてきた項目は大手クレジットカードにおいては普通のことです。

例えば、三菱UFJ VISAカードのサイトには下記のように書かれています。

カード入会申込書または申込フォームに、以下の通りご記入ください。

  • 「お勤め先(または屋号)」欄には出向元名をご記入ください。
  • 「所属部課」欄には、出向先社名をご記入ください。
  • 「所在地」欄には、出向元の住所をご記入ください。
  • 電話番号については、「直通電話番号」欄には出向先の電話番号を、「本社電話番号」欄には出向元の電話番号をご記入ください。
  • 「役職名」「入社年月」「業種」「営業年数」欄には出向元についてご記入ください。

三菱UFJ VISAカードより

しかしセディナカードには下記のように書かれています(2020年6月17日現在)

セディナカード

でもネット上の申込み画面だと下記の通りです。

セディナカード申込み画面

つまりセディナの説明だと会社名は出向先を書くことになってしまいます。

クレジットカード会社によって判断が若干異なるので、どうしても悩んだ場合はカード会社に聞くしか無い場合もあります。

目次に戻る

自営業・フリーランスのクレカ申込書の勤め先の書き方

個人事業主・フリーランスの場合の勤め先の書き方も参考までに。

勤め先は屋号を書く

個人事業主やフリーランスの場合、そもそも会社名を持ってないことが多いですよね。

その場合は屋号を書きます。

屋号は簡単に言えば商業上、どう名乗っているか、名乗っている名称です。

個人事業主・フリーランスでも開業届を税務署に出していれば屋号を決めていると思います。

もし確定申告が白色申告で屋号を決めていない場合は、本名でも構わないのですが、この際、屋号を決めてしまいましょう。

例えば商店街の個人商店で法人化・会社化していない場合でもお店の名前はありますよね。

そのお店の名前が屋号です。

当期業績見込み

個人事業主・フリーランスで最も大切なのが「当期業績見込み」です。

個人事業主・フリーランスであれば基本的には個人での確定申告になるので、当期というのはクレジットカードを申込む年に、どれぐらいの売上を出すことが出来るか?ということになります。

目次に戻る

就職の決まった学生の場合は内定先について書く

学生の方でクレジットカードを申込む場合、内定が出ているのであれば内定先を書く場合があります。

ここは会社資料を読みながら間違いが無いように書きましょう。

なお上場企業であれば、クレジットカード会社は長い付き合いになると思うので、ほぼ審査は通ります。

でも見栄で内定が出ていない有名企業名を書くようなことはしないでくださいね。場合によっては詐欺罪になるかもしれません。

目次に戻る

出向とクレジットカードに関するQ&A

出向期間中にクレジットカードを作る時に不安に思うことや疑問に思うであろうことをQ&A形式でまとめました。

出向しているとクレジットカードの審査に落ちやすいのでは?

現在はほぼそういうことはありません。ただし会社によって異なります。

例えば僕が勤めていた会社だと「出向=出世のための通り道」でした。

しかし会社によっては「出向=左遷」ということもあります。

無名の会社だと別ですが、有名企業であればクレジットカード会社は会社の状況も把握しているため、出向が左遷のことが多い会社なのか、出向は関係ない会社なのか把握していることが多いため、その会社次第ということになります。

もっとも、クレジットカード会社も厳しい状況なので、過去にクレジットカードの滞納や債務整理等を行っていない限り、就職しているのであれば特に問題なくクレジットカードの審査には通ります。

出向先に在籍確認が行われると困る

誰でも在籍確認をされるのは嬉しいものではありません。

でも、致し方ないというのが実情です。

ただし今は在籍確認をするクレジットカード会社も減ってきていますし、仮に在籍確認をする場合は、事前に自宅や携帯電話に本人確認の電話をしてくることが多くなっています。

その時に在籍確認の電話をするけど希望の日時とかありませんか?と聞かれることもあるので、会社にいない時に電話をかけてもらうことも出来ます。

転籍出向だけどクレジットカードを作るのに問題ないか?

出向には正確には「在籍出向」と「転籍出向」があります。

今まで説明してきたのは「在籍出向」という一般的な出向についてです。

「転籍出向」というのは事実上、転職と同じです。

というのも転籍出向は出向元を退職して、出向先に就職することを意味するからです。

きちんと説明を受けないまま転籍出向をさせるのは違法行為の場合もあるので、転籍出向の場合、違法行為は無かったか確認する方が良いのですが、クレジットカードを作る場合、転籍出向だと勤務期間がリセットされるため、不利に働くことがあります。

なにより転籍出向(実際には転職)だと給与が下がる場合がほとんどなので、不利になることはあります。

ただし先にも書いた通り、クレジットカード会社も厳しい状況なので、過去にクレジットカードの滞納や債務整理等を行っていない限り、就職しているのであればほぼクレジットカードの審査には通ります。

以上、出向・派遣されている会社員がクレジットカードを作る場合、出向元・出向先、どっちの勤務先を申込書に書くべき?というお話でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました