UCSカードの一覧と共通特典!アピタ・ピアゴでお得な1枚も紹介

APITAUCSカード

子どもの頃、ユニーでたべる寿がきやラーメンが好きだった鈴木です。

アピタやピアゴ、長崎屋、ドン・キホーテ等のPPIHグループ(株式会社パン・パシフィック・インターナショナルホールディングス傘下のグループ)のお店でお得になると言われているUCSカード、いくつか種類がありますが、どれがお得なのかわかりにくい状態になっています。

UCSカードの一覧、そして共通の特典を説明した上で、あなたに最適なUCSカードを紹介します。

UCSカードの一覧

現在、UCSカードは10種類以上出ていますが、特殊な提携カードや特定店舗のみでお得になるクレジットカードを除くと6種類です。

  • UCSカード
  • UCSカード(マイメロディ)
  • UCSドラゴンズカード
  • UCSゴールドカード
  • UCSカード Drive Aid
  • majica donpen card

それぞれのUSCカードを簡単に説明していきます。

UCSカード

UCSカード

  • 年会費:無料
  • 年会費備考:特記事項なし
  • 申込み対象:満18才以上の方(高校生除く)
  • majicaへのチャージ可能
  • 旅行傷害保険:なし(プラス1100円で追加可能)
  • 通常ポイント還元率:0.5~1.5%
  • 国際ブランド:VISA・Mastercard・JCB
  • 家族カード:発行可・無料
  • 備考:スタンダードなUCSカード

UCSカードの標準カードです。特にこれといった特徴はなかったのですが、majica donpen cardの登場で、存在が薄れてきてしまいました。

UCSカード(マイメロディ)

UCSカード(マイメロディ)

  • 年会費:無料
  • 年会費備考:特記事項なし
  • 申込み対象:満18才以上の方(高校生除く)
  • majicaへのチャージ可能
  • 旅行傷害保険:なし(プラス1100円で追加可能)
  • 通常ポイント還元率:0.5~1.5%
  • 国際ブランド:VISA
  • 家族カード:発行可・無料
  • 備考:絵柄は2つのタイプから選べます

可愛らしい絵柄のUCSカードが欲しい方におすすめなのが、UCSカード(マイメロディ)です。お子さんと一緒にお買物に行く時に喜ばれそうなカードです。

なおmajica連携(majicaへのクレジットカードチャージ)をしてしまうと、ポイントでマイメロディグッズ交換の特典は無くなります。

UCSドラゴンズカード

UCSドラゴンズカード

  • 年会費:300円
  • 年会費備考:特記事項なし
  • 申込み対象:満18才以上の方(高校生除く)
  • majicaへのチャージ可能
  • 旅行傷害保険:なし(プラス1100円で追加可能)
  • 通常ポイント還元率:0.5~1.5%
  • 国際ブランド:JCB
  • 家族カード:発行可・年会費300円
  • 備考:ドアラがキモかわいいドラゴンズファン用カード

中日ドラゴンズファン向けのUCSカードです。

中日がシーズン中に勝利するとクレジットカードのポイントが特別進呈されたり、ナゴヤドームの公式観戦チケットを安く手にいれることができる特典がついています。

なおmajica連携(majicaへのクレジットカードチャージ)をしてしまうと、ドラゴンズ勝利のポイント特別進呈等のサービスは無くなります。

UCSゴールドカード

UCSゴールドカード

  • 年会費:3300円
  • 年会費備考:初年度無料
  • 申込み対象:勤続5年以上、本人年収500万円以上で30歳以上の方、安定した収入があり、社会的信用を有する方
  • majicaへのチャージ可能
  • 旅行傷害保険:最高5000万円まで補償
  • 通常ポイント還元率:0.5~1.5%
  • 国際ブランド:VISA・Mastercard・JCB
  • 家族カード:発行可・年会費1100円(本人カードと同時発行に限り初年度無料)
  • 備考:格安なゴールドカードなのに国内空港ラウンジ利用可能

年会費3300円という非常に安い価格なのにゴールドカードが持ててしまうというクレジットカードです。

2000円前後で持てるゴールドカードもありますが、使える空港ラウンジが少なかったり使用回数の上限があったりとするため、国内主要空港のラウンジを利用したい方で最安値のクレジットカードを求めている方におすすめです。

またロードサービス付きのクレジットカードとしてもおすすめです。

UCSカード Drive Aid

UCSカード Drive Aid

  • 年会費:1650円
  • 年会費備考:初年度無料
  • 申込み対象:満18才以上の方(高校生除く)
  • majicaへのチャージ可能
  • 旅行傷害保険:なし(プラス1100円で追加可能)
  • 通常ポイント還元率:0.5~1.5%
  • 国際ブランド:Mastercard
  • 家族カード:発行可・年会費1100円(本人カードと同時発行に限り初年度無料)
  • 備考:ロードサービスがついたUCSカード

ロードサービス付きのクレジットカードで、JAFよりも安く抑えたい!という方におすすめです。

majica donpen card

majica donpen card

  • 年会費:無料
  • 年会費備考:特記事項なし
  • 申込み対象:満18才以上の方(高校生除く)
  • majicaへのチャージ可能
  • 旅行傷害保険:なし(プラス1100円で追加可能)
  • 通常ポイント還元率:0.5~1.5%
  • 国際ブランド:JCB
  • 家族カード:なし
  • 備考:もっともお得なUCSカード

現在のUCSカードの中でもっともお得になるクレジットカードが、majica donpen cardです。

アピタ・ピアゴも現在ではUCSカードよりもmajica donpen cardに力を入れているため、今後はこちらがメインになっていくと思います。

目次に戻る

UCSカードの共通の特典

ピアゴ

UCSカードの共通の特典は8つあります。

  • 毎月9のつく日はアピタで5%OFF
  • 毎週金曜日はピアゴで5%OFF
  • majicaアプリでのクレジットカードチャージ でポイント還元率1.5%
  • 宇佐美直営GSで2円引き
  • Uポイントが貯まる
  • UCSパックツアー 優待サービス
  • ショッピング保険
  • UCS旅とくプラス
  • 円満快計で最大4円引き(ドン・キホーテのみ)

それぞれを詳しく見ていきます。

毎月9のつく日はアピタで5%OFF

毎月9・19・29日は、アピタでUCSカードもしくはmajicaで支払うと5%OFFとなります。

月に3回も5%OFFになる日があると非常に助かりますよね。

毎週金曜日はピアゴで5%OFF

毎週金曜日はピアゴでUCSカードもしくはmajicaで支払うと5%OFFとなります。

毎週1回5%OFFがあるので、金曜日狙いで買物に行くのがおすすめです。

*一部開催していないピアゴがあります。

majicaアプリでのクレジットカードチャージ でポイント還元率1.5%

スマホへのmajicaアプリにUCSカードでクレジットカードチャーをするだけでポイントが1.5%貯まります。

つまり1000円チャージすると15円分のポイントが貯まります。

UCSカードで支払っても0.5%分のポイントしか貯まらないので、今ではmajicaにチャージして支払った方が断然お得です。

宇佐美直営GSで2円引き

ガソリンスタンドの宇佐美直営店でガソリンをUCSカードのクレジット払いで行うといつでもガソリン・経由が1リットルあたり2円引きになります。

月に50リットル入れる人なら、それだけで100円もお得になります。

たった100円と思うかもしれませんが、年間で1200円です。何もしなければそれだけ無駄になります。

Uポイントが貯まる

UCSカードで支払うとUポイントというポイントが貯まります。

貯まったUポイントはユニー商品券等に交換することができます。

なおmajica donpen cardはUポイントではなくmajicaポイントとなります。

またUCSカードでmajicaアプリへクレジットカードチャージを設定するとUポイントはすべてmajicaポイントに切り替わるため、Uポイントはかなり形骸化しています。

残念ながらUポイントをmajicaポイントには交換できるようにはなっていません。

UCSパックツアー 優待サービス

シティツアーズ予約センター経由で旅行を申込むと旅行代金の2~8%が割引となる優待特典が受けられます。

ショッピング保険

UCSカードで購入した商品が万が一破損・盗難・火災等で損害をおった場合、購入日から90日以内であれば最高で100万円まで補償されるという保険です。

1事故につき自己負担額が3000円発生しますが、買ったばかりのカメラを落として壊してしまい修理代が3万円とか5万円かかったとしても自己負担3000円のみで修理が可能です。

UCS旅とくプラス

年会費1100円を支払うことで、UCSカードに旅行付帯保険を付け加えることができます。

最高1000万円の保険です。

なお、UCSゴールドカードの場合はUCS旅とくプラスの旅行付帯保険以上の保険がついているため、付け加える意味がありません。

円満快計で最大4円引き(ドン・キホーテのみ)

ドン・キホーテ(ドン・キホーテUNY含)でUCSカードおよびmajicaで支払う場合、支払金額が1000円以上であれば、1円単位の端数が0円か5円になります。

  • 1000円~1004円=会計は1000円ちょうどに
  • 1005~1009円=会計は1005円に
  • 1594円なら会計は1590円に
  • 2599円なら会計は2595円に

つまり1円単位ではなく5円単位の会計まで1~4円を割り引いてくれます。

なお2020年7月1日から5円単位になったため、2020年6月30日以前は最大9円単位の割引となっていました。古い情報が公式サイトでも掲載されていることがあるので注意してください。

UCSカードの特典一覧

UCSカードごとの特典です。

特典majica
donpen
card
UCS
ゴールド
カード
UCSカード
(マイメロディ)
UCS
ドラゴンズ
カード
UCSカード
Drive Aid
UCS
カード
毎月9のつく日は
アピタで5%OFF
毎週金曜日は
ピアゴで5%OFF
majicaへのチャージ
でポイント還元率1.5%
宇佐美直営GS
で2円引き
Uポイント
UCSパックツアー
優待サービス
ショッピング保険
UCSロード
サービス
UCS旅とく
プラス
旅行傷害保険

目次に戻る

おすすめのUCSカード

majica

結局、どのUCSカードがいいの?と悩むと思います。

絵柄が好き、ドラゴンズが好き!という理由があれば、

  • UCSカード(マイメロディ)
  • UCSドラゴンズカード

という選択肢も出てきますが、基本的には2つに絞れます。

  • majica donpen card
  • UCSゴールドカード

この2枚のうち、どちらかです。

majica donpen cardは年会費無料がいい人

年会費を払うのはちょっと考えてしまう・・・という方は、majica donpen card一択です。

違いはそれほど他のUCSカードとありませんが、majica donpen cardはクラブオフというお得な会員制優待サービスサイトを無料で使うことができます

クラブオフ会員になると映画の割引や遊園地や水族館等のレジャー施設の割引、等が利用できることです。

クラブオフ会員の特典がついている年会費無料クレジットカードはmajica donpen cardとベネッセ・イオンカードのみで、イオンの利用の方が多い方なら「ベネッセ・イオンカード」の方がいいかもしれませんが、アピタやピアゴ、ドン・キホーテの方の利用が多い方なら、majica donpen cardがおすすめです。

UCSゴールドカードはお得なゴールドカードが欲しい方向き

年会費が3300円という安いゴールドカードなのに国内主要28空港のラウンジを無料で使うことができます。

更にロードサービスもついていて、トータルで圧倒的なコストパフォーマンスが高いクレジットカード(ゴールドカード)になっています。

年会費2000円前後のゴールドカードもありますが、空港ラウンジを利用できる回数が年間2回だけだったり、国際線で7空港のみだったりと魅力が全くありません。

国内旅行や出張で空港ラウンジをよく使う人、ロードサービスがある方が安心という方にとってもっともお得なゴールドカードです。

目次に戻る

UCSカードに関するQ&A

アピタ

UCSカードを作る際に僕自身が悩んだことや、疑問に思うであろうことをQ&A形式で答えていきます。

UCSカードへのクレジットチャージってどういう意味?

UCSカード 記載ミス

UCSカードの公式サイトで行われているキャンペーン(ポイント数は変更になっていたり内容が変化している場合もあり)で、

UCSカードへのクレジットチャージ、100000円で最大3000ポイントプレゼント

と書かれているけど、クレジットカードへクレジットカードチャージをする意味がわからない、という方も当然いますよね。

これUCSカードも気がついているのに間違いを修正してないのですが、majicaへのクレジットチャージのことです。

このあたりUCSカードは金融業なのにかなりルーズなので、不安な点でもあるんですけどね。他にもUCSカードの案内で間違いがかなりあって、表記の統率が取れてないのは、UCSカードからmajica donpen cardへの過渡期だからなのかもしれません。

キャンペーンでもらえるポイントが全くわからない

UCSカードでmajicaにチャージできるようにする「UCSカード⇔majica連携」を行うとUポイントがすべてmajicaポイントに切り替わると書かれています。

となると、キャンペーンでもらえるポイントはUポイントでなくて、majicaポイントなのかな?でもUCSカードの特典でUポイントが貯まると書いてあるし、

もう意味が全くわからん!となっている方もいるのではないでしょうか?

結論から言えばmajica連携をした段階ですべてポイントはmajicaポイントに切り替わるため、最大でもらえるポイントはすべてmajicaポイントになります。

Uポイントは1000ポイント単位での利用になるため、使い勝手が悪いのですが、majicaポイントは1ポイント1円から使えるので、むしろ便利になります。

majica連携した方がお得か、クレジットカードで支払った方がお得か?

UCSカードでmajica連携を行い、majicaポイントを集めるのがお得か、あくまでもUCSカードのクレジットカード払いでUポイントを貯めた方がお得か?

結論はmajicaポイントを集めた方が圧倒的にお得です。

UCSカードのUCSロイヤルメンバーズという年間のUCSカードの利用額に応じてUポイントがアップする特典がありますが、最大でもポイント還元率は0.6%にしかならないため、majicaチャージの1.5%に比べたら、圧倒的に損です。

またUCSカードで光熱費を支払っても0.5%分のポイントしか貯まらないので楽天カードリクルートカード等の1%以上のポイントが貯まるクレジットカードをおすすめします。

UCSカード・majica donpen cardはあくまでもアピタやピアゴ、ドン・キホーテでお得なクレジットカードであり、光熱費等の支払いではお得ではありません。

目次に戻る

UCSカードを作ろう!

UCSカード・majica donpen card、違いは理解してもらえたと思いますが、今後UCSカードは、majica donpen cardをメインに扱っていくようであり、ポイントもmajicaポイントを主体にしていく様子です。

アピタやピアゴ、ドン・キホーテや長崎屋で少しでもお得に買物をするため、是非、UCSカードもしくはmajica donpen cardを作ってくださいね!

目次に戻る

以上、UCSカードの一覧と共通特典についてでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました