「アフィリエイト広告」等の広告が掲載してある場合があります

アメックスのグリーンって何?アメリカン・エキスプレス・カードについて

アメックスのグリーンって何?アメリカン・エクスプレス・カードについてAmerican Express
スポンサーリンク

アメックスのグリーンって聞くことがあるけど、公式サイトを見てもそんなカードは掲載されていない・・・なんて思った方もいるかもしれませんね。

アメックスのグリーンとは、アメリカン・エキスプレスのスタンダードなクレジットカードのことです。

カード面がグリーンなことから「アメックス グリーン」と呼ばれています。

どんなクレジットカードなのか、どういうメリットがあるのか説明します。

  1. アメリカン・エキスプレス・カード(アメックス グリーンカード)について
    1. アメックス グリーンカードがおすすめの人
    2. アメックスというブランド・ステータス性の高さ
    3. アメックス グリーンカード詳細
  2. アメリカン・エキスプレス・カード(アメックス グリーンカード)の特典・メリット
    1. お金を持っている(かもしれない)と思われるステータス性がある
    2. ゴールドカード並の特典1・国内空港ラウンジの無料利用
    3. ゴールドカード並の特典2・最大5000万円の旅行傷害保険が付帯
    4. ゴールドカード並の特典3・プライオリティ・パス・メンバーシップに無料登録出来る
    5. ゴールドカード並の特典4・海外旅行でお得になる
    6. 様々な付帯保険・プロテクション・サービスが付帯・充実している
    7. メンバーシップリワードプラスを使えばANAマイルがザクザク貯まる
    8. アメリカン・エクスプレス・コネクトが使える
  3. アメリカン・エキスプレス・カード(アメックス グリーンカード)のデメリット・欠点
    1. 年会費がかかる上にちょっと高い
    2. ポイントプログラムが分かりづらい
    3. 特典がお金持ち向け
    4. アメックスが使えない店舗がある
  4. アメックス グリーンカードのQ&A
    1. アメックス グリーンを作るかゴールドにするか?
    2. アメックス グリーンカードの評判・口コミってどうなの?
スポンサーリンク

アメリカン・エキスプレス・カード(アメックス グリーンカード)について

アメックス グリーンカード

アメリカン・エクスプレス・カード 通称アメックス グリーンカードは、アメリカン・エキスプレスが発行するクレジットカードの中で、スタンダードなクレジットカードです。

券面が緑色のことから「アメックス グリーンカード」と呼ばれています。

正式なカード名は「アメリカン・エキスプレス®・カード」ですが、これだとアメックスのカード全部を指すように思われるため、あえてグリーンという人が多いのかもしれません。

どことも提携していない個人向けのアメックスは4種類あります。

  • アメリカン・エキスプレス・カード
  • アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
  • プラチナ・カード
  • センチュリオン・カード(招待制)

一番下のセンチュリオン・カードは、アメックスのゴールド以上を長年、しかも年間数千万円使っている人だけが招待されるカードで、アメックスのブラックカードです。

アメックス グリーンカードがおすすめの人

アメックスのグリーンカードはすべての人におすすめではありません。

下記に1つも当てはまることが無い場合は作らない方がいいですが、当てはまる項目があれば、是非申し込んでください。

  • アメックスのプロパーカードが欲しい人
  • アメックスというステータス性の高いカードが欲しい人
  • アメックスのゴールドやプラチナを申込みたいけど審査に不安がある人
  • 海外旅行(特にアメリカ)によく行くことがある人(年間で2回以上)
  • 年間で150万円以上はクレジットカードで買物をしている人(公共料金・携帯の支払いは除く)

アメックスはポイントが貯まってお得と書いてあるサイトもありますが、実際にはポイント還元率はそれほど高くはなく、標準で0.3%程度しかありません。

年間3000円(税別)の有料特典に申込むと0.5~1%ほどのポイント還元率にはなりますが、年会費と有料特典を合わせて16500円も年間で必要になります。

でもポイント還元率1%と見ても、年会費分をカバーしようとすると年間で165万円以上を使わないとカバー出来ません。

海外旅行によく行って、マイルを貯めているのであれば元は取れるのですが、海外旅行に行かず、年間150万円以上使ってなければ、楽天カード等のポイント還元率の高いクレジットカードの方がお得になります。

だからアメックスのグリーンカードは、ほぼアメックスのカードを作りたい!という人向けのクレジットカードです。

もちろん特典を考えるとお得な部分もあるので、特典・メリットを紹介している項目もお読みください。

アメックスというブランド・ステータス性の高さ

アメックスは昔からステータス性(社会的地位)が高いクレジットカードと言われてきており、ブランド力で選ぶ人もいます。

しかし日本自体がずっとデフレが続き、アメックスのようなステータス性の高いクレジットカード会社も厳しい状況になっており、現在は普通に年収400万円くらいのサラリーマンだけでなく、年収300万円未満の派遣社員、専業主婦まで審査に通ることが多いクレジットカードになっています。

なおマイクロソフト創業者のビル・ゲイツ氏、アメリカの著名投資家であるウォーレン・バフェット氏、ソフトバンクの孫正義氏がアメックスのグリーンを使っていたそうです。

現在も使っているかどうかはわかりませんが、海外を行き来する人にとって必要な利便性とステータス性を兼ね揃えたクレジットカードということなのでしょう。

アメックス グリーンカード詳細

  • 年会費・発行手数料:13200円(税込)
  • 申込み資格:20才以上の定職がある方(*1)
  • 国際ブランド:American Express
  • 引落口座:ほぼすべての金融機関
  • ポイント還元率:0.3~1%(0.5%以上は別途有料特典契約が必要 *2)
  • 電子マネー機能:なし(iPhoneで使えるQUICPay+には対応)
  • ポイントカード機能:なし
  • Apple Pay:対応
  • 貯まるポイント:メンバーシップ・リワード
  • ETCカード:発行可(発行手数料935円・税込)
  • 家族カード:発行可・6600円(税込)
  • 申込みから届くまで(通常申込み):1~3週間
  • 当日発行:なし
  • 締日/支払日:金融機関により異なる(*3)

*1 申込資格について

アメックスの申込資格は20才以上で定職のある方になっていますが、職業選択欄で「パート・アルバイト」はありません。

ただし「主婦・主夫」はあります。

アメックス 職業選択欄

専業主婦(主夫)や派遣社員・契約社員の方でも申し込めるようになっています。

また「年金・不動産・利子配当による収入」も選べるので年金受給者でも申込はできます。

アメックス 年収記入欄

なお専業主婦の場合、年収はありませんが、年間所得は世帯所得で記入して構いませんので、夫の年収を記入します。もしくはパートをしている場合は夫の年収+パート収入を記入してください。

*2 ポイント還元率について

アメックスのポイント還元率は複雑なため、下記記事を参考にしてください。

*3 アメックスの締日/支払日について

アメックスの締日・支払日(引落日)は利用する金融機関により異なります。

一般的には下記のいずれかになります。

  • 締日:毎月18~22日・支払日:翌月10日
  • 締日:毎月2~3日・支払日:当月21日
  • 締日:毎月5~7日:支払日:当月26日

以前は都合が悪い時は、支払日の変更を行ってくれていましたが、現在は支払日の変更は出来なくなっているので、注意して下さい。

支払日の変更が出来ると書いてあるサイトは情報が古いところです。

アメックス グリーンカードの限度額

アメックスはどのカードも限度額が個別に定められており、カードを通じての限度額は決まっていません。

グリーンカードでは、限度額は20万円くらいの人から数千万円までの方がいます。

アメリカン・エキスプレス・カード(アメックス グリーンカード)の特典・メリット

アメックス グリーンカードの特典・メリットはいろいろとありますが、知っておいて欲しいのは8つです。

  1. お金を持っている(かもしれない)と思われるステータス性がある
  2. ゴールドカード並の特典1・国内空港ランジの無料利用
  3. ゴールドカード並の特典2・最大5000万円の旅行傷害保険が付帯
  4. ゴールドカード並の特典3・プライオリティ・パス・メンバーシップに無料登録出来る
  5. ゴールドカード並の特典4・海外旅行でお得になる
  6. 様々な付帯保険・プロテクション・サービスが付帯・充実している
  7. メンバーシップリワードプラスを使えばANAマイルがザクザク貯まる
  8. アメリカン・エクスプレス・コネクトが使える

お金を持っている(かもしれない)と思われるステータス性がある

アメックスを持っている=お金持ち

というイメージを持っている人は少なからずいます。

特にバブル期を経験した人であれば、アメックスはお金持ちのクレジットカードという認識を持っていることが多くなっています。

だから、ステータス(社会的地位)が高いと思われることもあり、イメージ的にはいい状態になることが多いです。

ゴールドカード並の特典1・国内空港ラウンジの無料利用

空港ラウンジ

ゴールド・カードを持つ理由の1つに国内空港のラウンジが無料利用出来るから、ということがあります。

アメックスのグリーンカードはゴールド・カードではありませんが内容的にはゴールドカード並の国内空港の28のラウンジが無料で利用できます。

北海道・東北新千歳空港
函館空港
青森空港
秋田空港
仙台国際空港
関東羽田空港 第1ターミナル
羽田空港 第2ターミナル
羽田空港 第3ターミナル
成田国際空港 第1ターミナル
成田国際空港 第2ターミナル
中部・北陸新潟空港
富山空港
中部国際空港(セントレア)
小松空港
近畿伊丹空港
関西国際空港
神戸空港
中国・四国岡山空港
広島空港
米子空港
山口宇部空港
高松空港
松山空港
徳島空港
九州・沖縄北九州空港
福岡空港
長崎空港
大分空港
熊本空港
鹿児島空港
那覇空港
海外ダニエル・K・イノウエ国際空港
(旧・ホノルル国際空港)

アメックス グリーンカードと当日の搭乗券を出せば無料で使えます。また同伴者1名まで無料になります。

なお空港ラウンジを使いたいだけなら、もっとお得なゴールドカードもあります。

ゴールドカード並の特典2・最大5000万円の旅行傷害保険が付帯

アメックスのグリーンカードにはゴールドカード並に最大5000万円の旅行傷害保険がついています。

利用付帯(旅行代金をアメリカン・エキスプレス・カードで決済していること)が条件になっていますが、海外旅行だと下記の補償内容になっています(最高額)。

補償項目カード会員会員の家族
傷害死亡・後遺障害5000万円1000万円
傷害治療費用100万円100万円
疾病治療費用100万円100万円
賠償責任3000万円3000万円
携行品損害30万円30万円
救援者費用200万円200万円

一部サイトだと自動付帯(持っているだけでOK)と説明していますが、それは誤りです。

携行品損害は1度の旅行についての金額です。また免責3000円・年間限度額100万円までとなっています。

傷害・疾病治療費用の補償が最大100万円はちょっと心許ないですが、他に自動付帯のクレジットカードを所有していれば問題ないでしょう。

また国内旅行においても利用付帯で最高5000万円の死亡・後遺障害の補償がついています。

なお国内空港ラウンジと海外旅行傷害保険が目的なら、個人的にはエムアイカード ゴールドをイチオシです。

アメックス グリーンカードの半額以下の年会費で海外旅行は最大1億円の補償がついています。

ゴールドカード並の特典3・プライオリティ・パス・メンバーシップに無料登録出来る

プライオリティ・パスとは、世界140以上の国に地域、500以上の都市で1200ヶ所以上の空港ラウンジを利用することができる会員サービスのことです。

一般的には特定のゴールドカード以上を所有している人が会員になれます。

プライオリティ・パスは3種類あります。

  • プレステージ(年会費 429USドル)
  • スタンダード・プラス(年会費 299USドル)
  • スタンダード(年会費 99USドル)

アメックスのグリーンカードは「スタンダード」に無料登録できます(申請が必要)。

*年会費99USドルは、1USドル104円として10300円くらい

登録されている空港ラウンジを使う場合、1回につき32USドルが必要です。同伴者も同じ32USドルで利用ができます。

海外出張・海外旅行が多く、飛行機の乗換時間が長い時にゆっくりと休みたい方には嬉しい特典です。

ただ1度の利用で32USドルが必要なので、気分的には3300円(税込)を支払うようなものであり、軽食が出来るとは言えちょっと高いと感じるかもしれませんが、32USドルを高いと思わない人が、やはりアメックスを持つのかな?と思いますね。

ゴールドカード並の特典4・海外旅行でお得になる

アメリカン・エクスプレスのクレジットカードは、何がお得なのか?と言えば海外旅行でお得になるクレジットカードと言えますが、その通り、アメックスのグリーンカードも海外旅行の特典が充実しています。

  • アメリカン・エキスプレス・トラベル オンライン
  • HIS アメリカン・エキスプレス・トラベル・デスク
  • 手荷物無料宅配サービス
  • 海外用レンタル携帯電話の優待
  • グローバル・ホットライン
  • 無料ポーターサービス
  • エアポート送迎サービス

それぞれについて簡単に説明していきます。

アメリカン・エキスプレス・トラベル オンライン

国内外のホテルや航空券、レンタカーをオンライン予約できるアメックスのカード会員専用の予約サイトが「アメリカン・エクスプレス・トラベル オンライン」です。

優待料金やポイント特典など会員限定の特典が用意されています。

HIS アメリカン・エキスプレス・トラベル・デスク

HISが運営するアメックスのカード会員限定のトラベルデスクです。電話1本で旅行の手配を受けてくれます。

なおパッケージツアー以外の手配には別途手数料がかかりますが、自分で探す手間が省けるので時間を有意義にしたい人向きのサービスと言えます。

手荷物無料宅配サービス

海外旅行の出発・帰国時に自宅から空港、空港から自宅までアメックスのカード会員1名につきスーツケース1つを無料で配送してくれるサービスです。

重たくてかさばるスーツケースを持たなくて良いので楽に旅行を楽しめます。

なお対象空港は、羽田空港(第3ターミナル)・成田国際空港・中部国際空港・関西国際空港の4つのみとなっています。

海外用レンタル携帯電話の優待

海外用レンタル携帯電話のレンタル料を半額(255円→127円/日)、通話料を通常の10%割引にて提供してもらえます。

ただ最近は自分のスマホを持っていく人も多いですし、国によってはプリペイドSIMの方がお得なので、微妙なサービスにはなりつつあります。

グローバル・ホットライン

海外の旅行先から日本語でサポートを受けられるサービスです。

レストランの予約から緊急時の支援までほとんどの国から24時間無料で連絡できます。

無料ポーターサービス

出発時は空港の駅改札口やバス停からチェックインカウンターまで、帰国時は到着ロビーから空港の駅改札口やバス停まで、専任スタッフが荷物を無料で運んでくれるサービスです。

利用日の前日正午までに予約することが必要です。

このサービスは成田国際空港、関西国際空港のみです。

エアポート送迎サービス

海外旅行の出発・帰国時に、提携タクシー会社(MK株式会社)の車をカード会員専用でチャーターし、利用可能地域内の指定場所と空港との間を格安の定額料金にて送迎してくれるサービスです。

ただしHIS アメリカン・エキスプレス・トラベル・デスクにて、日本発着の国際航空券または海外パッケージ・ツアーご購入した場合のみ利用できる特典です。

対象空港は、羽田空港(国際線のみ)・成田国際空港・中部国際空港・関西国際空となっています。

利用する3営業日前までにHIS アメリカン・エキスプレス・トラベル・デスクに予約することが必要です。

様々な付帯保険・プロテクション・サービスが付帯・充実している

旅行傷害保険については説明済みですが、それ以外にもプロテクション・サービスが充実しています。

  • オンライン・プロテクション
  • リターン・プロテクション
  • ショッピング・プロテクション
  • 不正プロテクション

オンライン・プロテクション

万一、第三者によるインターネット上での不正使用と判明したカード取引については、原則として利用金額を支払うことはありません。

リターン・プロテクション

アメリカン・エキスプレスのカードで購入した商品の返品を万一購入店が受け付けない場合、購入日から90日以内なら、アメリカン・エキスプレスに返却することで、購入金額をカード会員の会員口座に払い戻す特典があります。

補填金額等の上限はありますが、嬉しい特典です。

ショッピング・プロテクション

国内外を問わずアメリカン・エキスプレスのカードで購入したほとんどの商品について、破損・盗難などの損害ご購入日から90日間、1人年間最高500万円まで補償してくれる特典です。

免責額は1事故につき1万円となっています。

参考までに年間最高額は10分の1になりますが、クレジットカードの同様のショッピング保険で最もサービス内容が充実しているのはイオンカードです。

不正プロテクション

アメリカン・エキスプレスでは、カードの不正使用を防ぐために、不審なカード取引を早期に探知するシステムを導入し、世界中の加盟店において、カード会員のカード利用状況を24時間365日見守っています。

万一、不正使用と判明したカード取引については、原則として損害が補償されるので、日常のシーンでも旅行でも、安心してカードを利用できます。

メンバーシップリワードプラスを使えばANAマイルがザクザク貯まる

年間3300円(税込)の有料特典ですが、メンバーシップリワードプラスに申し込んでいるとポイントが非常に貯まりやすくなり、更にポイントからマイル等への交換率がアップします。

特にANAのマイルに関しては、1000ポイント=1000マイルに交換が出来るので、ANAマイルを貯めている人にとってはザクザク貯めることができます。

メンバーシップ・リワードについて詳しくは下記記事をご覧ください。

アメリカン・エクスプレス・コネクトが使える

アメリカン・エクスプレス・コネクトとはアメックスのマークがついたクレジットカードを使っている方のみが使えるアメックスの優待サービスです。

いろいろお得な優待サービスがあるので公式サイトで是非確認してください。

アメリカン・エキスプレス・カード(アメックス グリーンカード)のデメリット・欠点

アメックスのグリーンのデメリット・欠点もあります。もちろんアメックスを求める人にとってはメリットの方が大きいのですが、知らないで申込むと後悔しかねないので、確認のために是非知っておいてください。

デメリットは4つです。

  • 年会費がかかる上にちょっと高い
  • ポイントプログラムが分かりづらい
  • 特典がお金持ち向け
  • アメックスが使えない店舗がある

年会費がかかる上にちょっと高い

アメックスのグリーンの年会費は12000円(税別)・税込13200円です。

日本で一般的に流通しているゴールドカードが税別5000~1万円ということが多い中で、アメックスのグリーンはゴールドカード並の特典があるとは言え、少し高い年会費になっています。

また海外旅行の傷害保険の内容も年会費1万円のゴールドカードより劣っていることが多く年会費だけを見るとお得とは言い切れないカードです。

しかし、海外旅行に特化した特典を考えるとお得ではありますし、アメックスというステータス性のあるカードを持つためのアメックス税と考えれば妥当な金額にはなっています。

ポイントプログラムが分かりづらい

アメックスのグリーンに限った話ではありませんが、ポイントの仕組み・ポイント還元率が複雑なのがアメックスの欠点です。

ただしきちんとゆっくりと理解するための時間を持てば大丈夫です。

特典がお金持ち向け

アメックス グリーンカードの特典を見ていて、違和感を感じたのであれば、それは「金持ち向きの特典ばかり」ということではないでしょうか?

事実として海外旅行に行かないし、行くにしてもそんな豪華なものではなく、格安ツアーだという人であれば、お金持ち向けの特典ばかりだと思ったでしょう。

だからこそ、お金に余裕があり海外旅行に行く人向けのステータス性の高いクレジットカードと言える訳です。

アメックスが使えない店舗がある

アメリカではかなり使えるアメックスですが、アジアやヨーロッパでは使えないお店も多少ですがあります。

また国内でもVISA・Mastercardは使えるけどアメックスは使えないというところがあります。

JCBが使えるところではアメックスも使えるのですが、JCBもオンラインサービスでは一部使えないこともあったりします。

より多くのところで使えるクレジットカードがいい!ということであればアメックスよりもVISAのマークがついたクレジットカード、例えば三井住友カード ゴールド等がおすすめです。

アメックス グリーンカードのQ&A

アメックスのグリーンカードを作る際に疑問に思うであろうことをQ&A形式でまとめました。作る時の参考になれば

アメックス グリーンを作るかゴールドにするか?

アメックスのグリーンについて、長々と説明してきましたが、おそらく悩むのがゴールドにするかグリーンにしておくか?ということではないでしょうか?

アメックスのゴールドだと年会費は31900円となり2.5倍以上になります。

でもお金がある人なら、ゴールドカードの方が年会費分の元は取りやすくなっています。

自由になるお金があって良いレストランで食事をよくする人であれば、アメックスのゴールドは簡単に元が取れるクレジットカードです。

それはアメックスのゴールドカード特典「ゴールド・ダイニングby招待日和」があるからです。

レストラン

これは、国内外約200のある程度高級なレストランで所定のコースを2名以上で予約・利用した場合、1名分が無料になるという特典です。

レストランは概ね1人前15000円以上のコースが多いため、2回使えば約3万円で、年会費分は回収出来てしまうお得な特典です。

年間で10回使えば15万円以上お得になる計算です(同じレストランで半期に2回特典を使うことは出来ませんが、別のレストランであれば回数制限はありません)。

でも1人分の15000円以上は毎回必要なので、そんな高い食事をよく食べにいけるか?という問題があります。

こういう特典がついていることもアメックスのゴールドならではなのですが。

つまり

  • 年会費分を回収しやすいのはゴールド
  • 年会費分を回収しにくいのはグリーン

とにかくアメックスを持ちたい人はグリーンで、お金に余裕があり特典をもっと利用したいという方はゴールドと言えます。

アメックス グリーンカードの評判・口コミってどうなの?

アメックスを使っていると「お!」と思う人もいれば、別に何とも思わない人もいるので、評判は本当に人それぞれです。

口コミにおいても「いい」というものもあれば「悪い」というものがあります。

いい口コミ・評判だと下記のようなものがあります。

  • アメックスを使っている人はマナーが良い人が多い
  • アメックスを使っているとお金持ちに思える
  • アメックスを使っていると余裕がある人だなと思う

悪い口コミ・評判だと下記のようなものがあります。

  • アメックスのグリーンだと無理している気がする、ゴールドに出来ないんだなって
  • アメックスを使おうとする人はドヤ顔な人が多いから下品に感じる

正反対な評判・口コミが割とはっきりと出ており、人によってかなりイメージが異なりますが、実際のところやっかみな部分もあるようには思えます。

ただクレジットカードに詳しい人って、それほど多くはありませんから、アメックスが良いのなら気にせず申し込めばいいですよ。

以上、アメックスのグリーンについてでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました