ETCカードって本当にお得なの?ETCを使うためには?無料でETCカードを作れるおすすめクレジットカードも紹介

おすすめクレジットカード

ETCカードなしではもう高速には乗れない鈴木です。

2020年に国交省が高速道路をETC専用にする方向で検討を始めたというニュースが流れました。

今でもあまり高速道路に乗らない人ならETCカードは不要と考える人もいると思いますし、ETCカードを作っても得なのか?と思う人までいます。

ETCカードは高速道路を使う方なら断然お得になります。

ただし注意点もありますし、お得にならないケースもあるので注意事項も合わせておすすめのETCカードが無料で発行できるクレジットカードも含めて紹介します。

ETCカードを作るのに必要なものと費用

ETCカードを作るのに必要なものはクレジットカードです。

後述しますが、クレジットカードなしでも作れるETCカードはありますが、お得ではありませんし、むしろお金がより必要になります。

なおETCカードを作っても車にETC機器を装着して、ETC機器に車の情報を登録しないと使うことはできません。

ETCカード自体は車に関係なく作れます。

ETCカードは無料で作れる

ETCカードはクレジットカードのサービス(付帯サービス)として発行されます。

ETCカードを発行するのに発行手数料や年会費がかかるクレジットカードもありますが、一切の費用がかからずに作れるクレジットカードもあります。

  • ETCカードを作るのに費用がかかるクレジットカード
  • ETCカードを作るのに一切の費用がかからないクレジットカード

ETCカードを作るのに費用がかかるクレジットカードが必ずしもお得になる訳ではなく、むしろ費用がかかる分、よほど高速道路を使わないと損する場合もあるので、ETCカードを作るのに一切費用がかからないものを選ぶのがおすすめです。

クレジットカードの発行手数料や年会費が無料だからといってETCカード発行手数料も無料になるとは限りませんので、しっかりと注意書きを読んで選ばれることをおすすめします。

僕の場合は楽天カードは年会費・発行手数料無料だから当然ETCカードも無料だろうと思って作ったところ実は年会費がかかると知ってがっかりしました。

しっかりと説明を読まなかった僕が悪いんですけどね。

目次に戻る

ETCカードがお得な理由は3つ

ETCカードがなぜお得なのかその理由は大きく3つです。

  • ETCカードで高速道路代を支払うことで、割引サービスやポイント還元がある
  • ETCカードはクレジットカードに紐付いているからクレジットカードのポイント還元の対象となってポイントが貯まる
  • 時間の節約になってお得になる

ETCカードで高速道路代を支払うことで、割引サービスやポイント還元がある

ETCカードを使う場合、事前にETCマイレージサービスに申し込んでおくことで、ETCカードでの通行料金の支払額に応じて、 ポイントが貯まります。

貯まったポイントは高速道路代に使うことが出来ます。詳しくはETCマイレージサービスをご覧ください。

またETCカードを使うことで高速道路代が割引になることもあります。

例えば朝や夕方に高速道路を利用して通勤している人向けに平日朝夕割引というものがあったり、休日割引があったり深夜割引があったりします。

高速道路によって割引を行っていたり割引率は異なるのですが、多くの方はお得になると言えます。

詳しくは下記サイトで確認してみてください。

中には高速道路代が半額になる人もいますよ。

クレジットカードのポイント還元の対象となってポイントが貯まる

ETCカードはクレジットカードに紐付いているのでクレジットカードを使ったことになります。

クレジットカードを使うということはクレジットカードのポイントが貯まるということです。

現金で支払っていたら貯まらないポイントもクレジットカードなら貯まります。

ただし一部のクレジットカードではETC利用分はポイント対象外というものもあるので、注意してください。

時間の節約になってお得になる

何よりも時間の節約になるのがETCカードの良いところ。

人のいる料金所で並んで待っている時間って物凄く勿体無いですよね。

特に前の人が細かいお金を出そうとして時間がかかるとイライラしてしまうことも。

ETCであれば減速してそのままETCゲートを通過出来るのですから時間の節約にもなります。

時は金なりという言葉もある通り、時間の節約はお金の節約にも繋がります。

目次に戻る

クレジットカードが無くても作れるETCカード

でもクレジットカードを持っていない、クレジットカードが嫌いという方もいますよね。

そういう場合はETCカードは作れないのでは?と思うかもしれませんが、クレジットカードが無くてもETCカードは作る事が出来ます。

ただしクレジットカードが無くて作れるETCカードは大きく分けて2種類のみです。

  • ETCパーソナルカード
  • 法人用ETCカード

ETCパーソナルカード

ETCパーソナルカードは、NEXCO東日本/中日本/西日本、首都高速道路株式会社、阪神高速道路株式会社、本州四国連絡高速道路株式会社の6社が共同して発行するETCカードで、有料道路の通行料金のお支払いに限定されたカードです。

ただし年会費が1257年(税込)が毎年かかります。

さらにデポジット(保証金)として、毎月平均して使うETC料金の4倍を預けなければいけません。

仮に月に1万円の高速道路代を使うのであれば4万円の保証金を預けなければいけません。

法人用ETCカード

法人に対してクレジットカードが無くても作れる法人用ETCカードがあります。

こちらは出資金や発行手数料や取扱手数料がかかり最初に1万円以上の費用がかかります。

個人事業主でも作れる法人用ETCカードもありますが、それなら法人用クレジットカードを作って、ETCカードを発行してもらった方がお得です。

目次に戻る

ETCカードを使うためには車載器が必要

高速道路

ETCカードは物凄くお得に思えるメリットばかり説明してきましたが、デメリットは無いのか?と思うことでしょう。

あります、デメリット

最初に少し書きましたが、一番のデメリットはETCカードを使うためには車にETCカードを使うための車載器が必要になることです。

ETCの車載器は安いものなら1万円を切って購入出来ますが(セットアップ料込み)取り付ける場合に工賃が発生します。

車の電子配線に詳しい人なら自分でも取り付けることは出来ますが多くの人は無理でしょう。

では工賃はいくらかかるかと言えばETCの車載器の種類や取り付ける場所、自動車の種類によって異なるため一概には言えませんが一般的には3000~10000円くらいです。

またETCの車載器と同時購入なら取り付け工賃を安くしてくれたりする場合もあります。

ETCの車載器が安いからという理由で購入だけして他のお店で取り付けを以来したら工賃が凄く高かくなったという場合もありますので、出来ればETC車載器の購入と取り付けは同じところに依頼するのがおすすめです。

また新車で車を購入する時は今はオプションでETC車載器を取り付けてくれるので取り付けることをおすすめします。

でも車載器と取り付け工賃で13000円くらいはかかるのに、それでもお得なのかと言うとこればかりは使用頻度や使用時間帯によります。

先に紹介しているETCを使った場合の割引を見てお得になるかどうか確認してみると大体お得になるかどうかが分かってくると思います。

注意して欲しいのは短期の視点で見ないことです。車にETC車載器を取り付けてからどれぐらいの期間、使うのかも合わせてみてくださいね。

そうすれば高速道路を年に4~5回使う人ならほとんどの場合お得になります。

またETCの何よりのメリットは現金支払いの列に並ばずにETCゲートをそのまま通れることです。

ETCの車載器は取り付けるだけでは使えない

車の大きさによって高速道路代は異なりますよね。

だからETCの車載器に車の情報を書き込まないといけません。

それを書き込むことが出来るのは特定の業者のみで車検証が必要になってきます。

この車検情報を書き込むことをセットアップと言いますが、セットアップ料金だけだと通常3000円となっています。

あくまでもETCの車載器に書き込むのであって、ETCカードに自動車の情報は書き込まれないので間違えないでくださいね。

  • 車検情報を書き込むのはETCの車載器
  • ETCカードには車検情報は含まれないのでETCがついているどの車でも使える

    目次に戻る

車を持ってなくてもETCカードは持っていた方がお得になる事も

車を持っていない人・ETC車載器がなくてもレンタカーを借りて高速道路を走るという方の場合は、ETCカードを持っていても損ではありません。

ETC割引は馬鹿に出来ない金額になる場合もありますから。

僕がよく利用するETCの深夜割引制度なら30%OFFになるので、深夜に高速道路を走る場合は持っていないとレンタカーの場合でも損になります。

また高速道路でETC専用の出入口は増えており、ETCで無ければ降りられないため持っていないと不便な事も。

何よりもETCレーンならスムーズに高速道路を出られるので、イライラも少なくなります。

ETC車載器はレンタカーにもついている

これは忘れないでください。

本州の方が北海道や九州に旅行に行く場合、飛行機を借りて空港近くでレンタカーを借りることも多いでしょう。

その時にETCカードを持っていれば人のいるゲートに並ばない分、快適にドライブができます。

目次に戻る

ETCカードはできれば2枚以上持つのがおすすめ

ETCカードはできれば2枚以上持つのがおすすめです。

以前は複数のETCカードを使うことでお得になる割引サービスがあったのですが、今は無くなったので1枚でも問題ないのですが、念の為に2枚持つのがおすすめです。

念の為というのは、ETCカードはたまに壊れるからです。

クレジットカードのICチップ

ETCカードにもクレジットカード同様ICチップがついているのですが、摩耗等で接触が悪くなり情報がただしく車載器に送れなくなり、ETCゲートが開かなくなることもあります。

壊れてしまうと再発行までの時間の間、よく高速道路を使う人には不便です。

あまり高速道路を使わなくても、使う時に限ってETCカードが壊れてしまっていたら・・・ということで予備を含めて2枚作ることがおすすめです。

ただしETCカードはクレジットカード1枚に対して1枚のみの発行なので、クレジットカードは2枚以上作って、2枚ともETCカードを発行されることをおすすめします。

また車に置いておく用のETCカード・旅行で持っていくのを忘れない用のETCカードと2枚使い分けている人もいます。

過去に飛行機で旅行にいって、レンタカーを借りた後にETCカードを持ってくるのを忘れて大後悔をしたことがあります。

目次に戻る

ETC発行でおすすめのクレジットカード

ETCカード

クレジットカードの年会費も無料、ETCカードも無料、しかもETC利用時でもポイントが貯まるお得なおすすめクレジットカードを紹介します。

イオン E-NEXCO pass カード

イオンカードの特典はそのままで高速道路でお得になるクレジットカードがイオン E-NEXCO pass カードです。

  • 貯まったポイントをE-NEXCOポイントに交換すると1.2倍になる
  • NEXCO東日本のSA・PAで使うとときめきポイントが2倍
  • E-NEXCO passの優待サービスも利用出来る

E-NEXCOポイントはETCで支払う料金分としても使えます。

またETCカードは自動でついてくるので、申込み忘れもありません。

何よりイオンカードのETCカードはETCゲートを万が一壊してしまった時の補償もあります。

リクルートカード(JCB)

ポイント還元率1.2%の高還元率クレジットカードとして人気のリクルートカード、国際ブランドがJCBの場合に限りますが、ETCカードは無料で発行可能です。

しかもETCカードで使った分もポイント還元率1.2%で非常にお得です。

エポスカード

レジャー施設で優待サービス・割引が多いことで人気のエポスカードは、クレジットカードもETCカードも当然無料で作れます。

ポイントも当然たまります。

セゾンカードインターナショナルは即日発行可能

明日、ETCカードが必要!今日中にETCカードが欲しい!という場合にセゾンカウンターのある店舗(ららぽーとや三井アウトレットパーク等)が近くにあるのなら、即日でETCカードが受け取れます。

既にセゾンカードを持っている方は当然、持ってない場合はETCカードを発行しないでクレジットカードを申し込んだ後に、店舗でETCカードの発行を依頼すれば、ETCカードの発行が可能です。

もちろんクレジットカードなのでクレジットカードの審査があります。

ネットから申し込めば30分ほどでクレジットカードの審査連絡が来て、審査に通ったあとにセゾンカウンターにいってクレジットカードを引取り、ETCカードを申込むという手順になります。

またセゾンカードはクレジットカード1枚に対して5枚までETCカードを発行してくれるので、複数枚のETCカードを1枚のクレジットカードで管理したい時におすすめです。

Orico Card THE POINT

高還元率のクレジットカードとして人気なのが「Orico Card THE POINT」

入会後6ヶ月間はポイント還元率がなんと2倍の2%!

もちろんETCカード利用分も半年間はポイント2倍です。

発行手数料はかかるけど三菱地所グループカード

三菱地所グループカードは、御殿場プレミアム・アウトレット等でお得になるクレジットカードですが、ETCカードの利用でポイント還元率が1.5%にもなるお得なクレジットカードです。

なおクレジットカードの年会費もかかるし(条件付き無料可)、ETCカードの発行手数料も1000円(税別)がかかるので、ETCのヘビーユーザーで無ければ元は取れません(年会費は無料)。

しかし月に1万円以上ETCで利用しているという方であれば非常にお得なクレジットカードです。

目次に戻る

ETCカードに関する疑問 Q&A

ETCカードで今まで聞かれた質問や、疑問に思うであろうことをQ&A形式で答えていきます。

ETCカードでプリペイドカードは無いの?

残念ながらETCカードにはプリペイド式(事前チャージ式)のカードはありません。

理由は万が一、プリペイド式のカードの残高が足りない時はETCゲートが開かなくなり、渋滞や事故の原因になるから。

そして残高不足でもETCゲートが開くようになったら不正をする人も出てきてしまうため、プリペイド式のETCカードは作られていません。

ただし、高速道路がETC専用になったらクレジットカードが作れない人、作りたくない人向けに何かしらの対応は迫られると思います。

ETC車載器はETCカードを持って無くても申し込めるの?

車を持ってない人でもETCカードは申し込めるので、車載器が無い車を持っている人も当然申込むことは可能です。

ただし、ETC車載器が無ければETCカードは使えません。

レンタカーにも最近はほぼETC車載器は搭載されていて、自分のETCカードを入れて使うことができます。

ETC2.0対応のETCカードはあるの?

ETC2.0はあくまでも車載器側の対応となるため、ETCカードは現時点では関係ありません。

ETC2.0対応のETC車載器を積んだ車であれば割引となるサービスも開始されているので、車載器はETC2.0対応のものを選ぶのがおすすめです。

もちろん現在販売されている車載器のほとんどがETC2.0に対応しています。

ETC2.0については下記サイトをご覧ください。

ETC車載器が無いとETCカードは絶対に使えないの?

実はETC車載器がなくてもETCカードは使えます。

その場合はクレジットカードでの支払いと同じで、有人ゲートを通ってチケットをもらい、生産時にETCカードを有人ゲートで渡せば、キャッシュレスで高速道路を使えます。

ただし、ETC利用による割引サービスは無くなります。

クレジットカードが有効期限切れになったらETCカードも有効期限切れになるのか?

これはそのとおりです。クレジットカードの有効期限が切れた場合、クレジットカードに紐づくETCカードも有効期限切れになって使えなくなります。

クレジットカードの更新の時に新しいETCカードも送ってくるので、必ずETCカードも交換するようにしてください。

クレジットカードが限度額オーバー、ETCカードは使えない?

クレジットカードは限度額オーバーになると使えなくなります。当然限度額オーバーとなったクレジットカードに紐づくETCカードも使えなくなると思うでしょう。

でもクレジットカードが限度額オーバーになってもETCカードは使えます。

本当??と思うかもしれませんが、実際に限度額オーバーになったクレジットカードのETCカードで問題なくETCカードを使っていた人を知っています。

管理人
管理人

僕ですww

知らない間にクレジットカードをリボ払い設定にしてあって限度額いっぱいになっていたことがあるんですけど、その時でもETCカードは使えていました。

ETCカードが使えなくなっていればもう少し早く気がついたんですけどね。

目次に戻る

ETCカードを申し込もう!

既に高速道路でのETCカード利用率は90%を超えているそうです。

つまり10台車が走っていれば、ETCを利用していない車は1台あるかないか。

まだETCカードを持っていないのなら、この機会に是非申し込んでください。

車を持って無くてもレンタカーで高速道路を利用するのなら是非

ETCがあればETC専用の高速道路の出入り口も使えて、活動の幅も広がります。

目次に戻る

以上、ETCカードって本当にお得なのかについてでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました