JREポイントの基本から貯め方・使い方・将来性を解説

JREポイントカード共通ポイントの基本
スポンサーリンク

JREポイントを貯めたくても貯められない札幌在住の鈴木です。

JR東日本の共通ポイントとして始まったJREポイント、エリアが東日本の一部のみのため、それほど知名度は高くありませんが、Suicaで貯まるポイントとして、首都圏を中心に人気となっています。

JREポイントとはどういうポイントなのか、お得な貯め方や使い方、将来性まで詳しく説明していきます。

スポンサーリンク

JREポイントの基本

JREポイントは、JR東日本が運営しているプログラムポイント(共通ポイント)です。

チェーン店の枠を超えていろいろな店舗・サービスで貯まるポイントのこと。
代表的な共通ポイントとしてはTポイント・Pontaポイント・楽天ポイント・dポイント等があります。

JREポイント加盟店でSuicaでの支払い、JREポイントカードを提示してからの支払い、JREポイントが貯まるクレジットカードでの支払いで、JREポイントが貯まります。

ただしSuicaでの支払いでJREポイントを貯めるには無記名Suica及び記念Suicaではできません。

登録可能なSuica(My Suica・Suica定期券等)であることが条件になっています。

またクレジットカードと一体型のSuicaでもJREポイントは貯まります。

そしてJRE POINT WEBサイトに登録しておくことが必要です。

JREポイントを貯めるのに必要なもの

JREポイントを貯めるためには、JREポイントカードが必要です。

JREポイント加盟店で配付しています。

または登録できるSuica(モバイルSuica含む)、Suica一体型のクレジットカードでもJREポイントでもJREポイントは貯められます。

  • JREポイントカード
  • 登録可能なSuica(モバイルSuica含む)
  • Suica一体型のクレジットカード

おすすめはSuica一体型のクレジットカード、特にJRE CARDがおすすめです。

なおJREポイントカードでJREポイントが貯まる店舗とJREポイントカードでJREポイントがたまらず、Suicaでの利用のみでJREポイントが貯まる店舗があるので、注意が必要です。

JREポイントの有効期限

JREポイントの有効期限は最後にポイントが加算された日・ポイントを使った日から2年後の月末までです。

つまり、ポイント加算・ポイント使用を続けている限り実質有効期限は無期限となるので、安心してポイントを貯められます。

JREポイント 有効期限

ただし、期間限定ポイントという利用する期限が定められたポイントがあり、期間限定ポイントは期限内に使わないと失効します。

JREポイントの還元率と価値

JREポイントはJREポイント加盟店のJREポイントが使える店舗・サービス(ネット含む)で、1ポイント1円として使うことができます。

ポイント還元率は支払い方法・加盟店によって異なります。

JREポイントカードで貯まる

Suicaで貯まる

  • Suicaで貯まるJREポイント加盟店は税込100円もしくは税込200円で1ポイント
  • JREポイントカード提示で貯まるJREポイント加盟店は税別100円で1ポイント

ちょっと複雑になっています。

またJREポイント加盟店の中には、JRE CARD優待店があり、JRE CARD優待店でJRE CARD(クレジットカード)で支払うと税別でのポイント還元率は3.5%にもなります。

つまり税別100円で3.5円分のポイントが貯まります。

ステッカーで確認しないとわかりにくいのですが、Suica一体型のJRE CARDであれば、どちらでも対応できるので、JRE CARDがおすすめです。

目次に戻る

JREポイント加盟店について

JREポイント加盟店は3つにわかれます。

  • JREポイント加盟店
  • Suica支払いのみ対応のJREポイント加盟店
  • JRE CARD優待店(クレジットカード払い)

JREポイント加盟店

JREポイント加盟店(JREポイントカード提示でポイントが貯まる店舗)は下記の通りです。

基本的にはJR東日本管内の駅ビルとなっています。

  • アトレ
  • アトレヴィ
  • プレイアトレ
  • グランデュオ
  • テルミナ
  • シャポー
  • シャポーロコ
  • ビーンズ
  • ラスカ
  • ペリエ
  • モントレー
  • イーサイト
  • アズ熊谷
  • MIDORI
  • シァル
  • 宇都宮パセオ
  • nonowa
  • エクセル水戸
  • VAL
  • 盛岡駅フェザン
  • あおもり旬味館
  • 東京駅の一部のお店
  • リビット
  • tekuneながまち
  • ピボット
  • CoCoLo
  • Ekito.Tagajo
  • セレオ
  • トピコ&アルス

Suica支払いでJREポイントが貯まるJREポイント加盟店

Suica(登録したもののみ)での支払いでJREポイントが貯まるJREポイント加盟店の代表的な店舗は、NewDays・KIOSK(JR東日本管内のみ)です。

他にも数多くの店舗があります。詳しくは公式サイトで確認してください。

JRE CARD優待店

JRE CARD優待店は、アトレやアトレヴィ等があります。

ほぼJREポイント加盟店と重なっていますが、詳しくは公式サイトで確認してください。

目次に戻る

JREポイントのお得な貯め方

JREポイントをお得に貯める方法は、JREポイントカードの機能とSuicaの機能を有したJRE CARD(ビューカード)を使うことです。

JREポイントカード提示で貯まる加盟店とSuicaでの支払いで無ければ貯まらない加盟店とJRE CARD優待店があるため、1枚のカードで対応できるJRE CARDがおすすめです。

JRE CARDは年会費(税込524円)がかかるクレジットカードですが、Suicaへのチャージでもポイントが1.5%貯まる(1000円で15ポイント)が貯まるので、JREポイントを集めているのであればすぐに元が取れます。

なお初年度は年会費無料です。

KIOSK等のSuicaでJREポイントが貯まるところでは、JRE CARDに一体となっているSuicaで支払い、JRE CARD優待店やJREポイント加盟店では、JRE CARDのクレジット払いをしていれば、ポイントがザクザクと貯まってきます。

何より、JR東日本管内でSuica対応エリアなら、JRE CARDで定期券代を支払っているだけで、定期代でもポイントが1.5%貯まります。

クレジットカードは嫌いだ!という方であれば、SuicaとJREポイントカードの2枚持ちをすることになります。

目次に戻る

JREポイントの使い方・使い道

JREポイントの使い方は、下記の使い道があります。

  • JREポイント加盟店で、そのまま使う
  • Suicaにチャージして使う
  • Suicaグリーン券に交換して使う
  • ネットショップ「JRE MALL」で使う
  • JRE POINT WEBで商品に交換して使う

JREポイント加盟店で、そのまま使う

JREポイントは1ポイント1円としてJREポイント加盟店で使うことができます。

ただし、JREポイントカードもしくはJREポイントカードの機能がついたクレジットカード(JRE CARD等)だけで可能です。

Suicaに貯まっているJREポイントではJREポイント加盟店では使えません。

Suicaにチャージして使う

JREポイントは、Suicaにチャージして使うことができます。

事前にJRE POINT WEBサイトからチャージ申込みを行うことが必要です。

なお期間限定のJREポイントはSuicaにチャージして使うことはできません。

このSuicaにチャージして使うのが一番のおすすめです。

理由はSuicaにチャージしてSuicaでJREポイントが貯まる店舗で使えばまたJREポイントが貯まるからです。

Suicaグリーン券に交換して使う

グリーン車のある電車であれば、Suicaグリーン券に交換して使うことができます。

Suicaグリーン券への交換は、JRE POINT WEBサイトでSuicaを登録している会員のみ利用できます。

ネットショップ「JRE MALL」で使う

JR東日本が運営するショッピングモール「JRE MALL」で1ポイント1円として使うことができます。

主にJR東日本エリアの地域商品を扱っており、変わった商品を購入することができます。

JRE POINT WEBで商品に交換して使う

JRE POINT WEBで様々な商品・商品券・ギフトカードに交換することができます。

中には3000円分の利用券を2500ポイント前後で交換できるものもあり、必要なものがあれば非常にお得になることもあります。

先にお得な商品券・ギフト券が無いか確認して無ければSuicaにチャージして使うのがおすすめです。

目次に戻る

JREポイントの将来性

  • 今からJREポイントを貯めようと思うけど将来性はどうなんだろう?
  • JREポイントを貯めているけど将来性はどうなんだろう?

こう考えている方にJREポイントの将来性をあくまでも予想の範囲ですが説明します。

JREポイントの将来性は見えない、というのが率直なところです。

というのも、2020年前半からのウイルス騒動により公共交通機関の売上が非常に大きなダメージを負いました。

この騒動がいつ収束するかまだ先が見えておらず、JR東日本も今後、変化が求められており、結果としてJREポイントの還元率が悪化したり、加盟店を脱退する店舗も出てくる可能性があるからです。

何より、リモートで仕事をする人が増えており、JR線を使う人が減ってきており、将来性という意味では数年はわからない状況となっています。

ただし、JR線が無くなる=日本の経済が終わる と言ってもいいほどなので、極端にJREポイントに影響してくることは無いとは思います。

目次に戻る

JREポイントに関するQ&A

JREポイントを貯めたり使う上で疑問に思うであろうことをQ&A形式で答えていきます。

JREポイントは現金化できないの?

公式には現金化できないことになっています。

公式に現金化できるのはTポイントくらいです。

ただしJREポイントをSuicaにチャージすると、Suicaで郵便局で切手を購入することはできます。

切手は金券ショップで額面の60~90%の金額で買い取ってくれます。

ということで間接的には現金化は可能ですが、1割以上損をするので、おすすめではありません。

JREポイントは合算できるの?

JRE CARD等のビューカードで貯めたJREポイントと、JREポイントカードで貯めたJREポイントであれば合算は可能です。

複数のJREポイントカードのJREポイントを合算することはできません。

なお合算ではありませんが、家族間でポイントを移行することは可能です。

目次に戻る

JREポイントを活用しよう!

Suica利用可能なエリアに住んでいる人しか、活用が難しいJREポイントですが、JR東日本エリアのJR線を頻繁に使う人ならおすすめの共通ポイントです。

仕事帰りにアトレ等の駅ビルで食品を買ったりする場合にもポイントが貯まります。

特に1都3県(東京・神奈川・千葉・埼玉)でJR線で通勤・通学をしているのなら、貯めて無ければ損!と言えるポイントです。

まだJREポイントを貯めてないのなら、すぐに貯めるようにしてください。

できればJREポイントカード機能を持ったビューカード(JRE CARD等)を作って利用するのがおすすめです。

目次に戻る

以上、JREポイントについてでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました