ファミリマートでお得な支払い方法・使えるQRコード決済・クレジットカードも紹介

ファミリマートでお得な支払い方法・使えるQRコード決済・クレジットカードも紹介コンビニ
スポンサーリンク

ファミマは3大コンビニでもっとも利用する機会が少ない鈴木です。

いやTwitterでのプレゼントで散々ハズレになっているから恨んでいるなんてことはありませんよ(いい加減、当たりを引かせてくれよ)。

ファミチキ等で人気のファミマ、支払い方法はどういうものがあり、どの支払い方法がお得なのか、よくわからない状態になっています。

ファミマで可能な支払い方法からお得な支払い方法まで詳しく解説します。

結論、ファミマTカードでの支払いはやめておきましょう。

スポンサーリンク

ファミリーマートで使える電子マネー

ファミマで使える電子マネー

ファミリーマートでは各種電子マネーが使えます。

ファミマで使える交通系電子マネー

ファミリーマートでは各種交通系電子マネーが使えます。

Suica・Kitaca・TOICA・ICOCA・SUGOCA・PASMO・はやかけん・manaca・nimoca

(キタカ・スイカ・トイカ・イコカ・スゴカ・パスモ・ニモカ・はやかけん・マナカ)

なお交通系電子マネーでは支払いの出来ないものがあります。例えば公共料金や切手・印紙、プリペイドカード等です。

また例外的に地域限定の交通系電子マネーが使える場合があります。

北海道であれば地下鉄駅構内にあるファミマではSAPICAが使えたり、近畿2府4県や愛知・三重の一部ではPiTaPaが使えます。

ファミマで使える電子マネー(交通系以外)

ファミマでは以下の電子マネーが使えます。

楽天Edy・WAON・iD・QUICPay・Tマネー

ただしこれらの電子マネーも支払いの出来ないものがあります。例えば公共料金や切手・印紙、プリペイドカード等です。

なおTマネーという電子マネーが使えますがもっともポイント還元率が悪い電子マネーなので、使わないことをおすすめします。500円で1ポイント(ポイント還元率0.2%)です。

ファミマで使えない電子マネー

有名な電子マネーで使えないのはnanacoくらいですが、nanacoはファミマとライバル関係にあるセブンイレブンなので致し方ないでしょう。

でもWAONが使えるって、ミニストップはライバル視されてないってことでしょうね。

目次に戻る

ファミリーマートで使えるQRコード決済・スマホ決済

ファミリーマートで使えるQRコード決済・スマホ決済

ファミマで使えるQRコード決済・スマホ決済は下記のものがあります。

  • d払い
  • LINE  Pay
  • PayPay
  • 楽天Pay
  • auPay
  • Jcoin
  • ゆうちょPay
  • メルペイ
  • pring
  • ALIPAY
  • WeChatPay
  • Apple Pay
  • Google Pay
  • ファミペイ

有名なQRコード決済はほぼ網羅しています。

ファミペイが今後は主流になる

ファミマでお得なQRコード決済は今後、ファミペイに統一されていくと思われます。

ファミペイはファミマが推し進めるQRコード決済なので、この流れは当然でしょう、セブンペイみたいな失敗が無ければ。

ファミペイ ボーナス還元

実際にファミリーマートではFamiPayで支払うとボーナス還元として商品代金の5~10%程度を還元するサービスを展開しています。

ただし、PayPayをはじめQRコード決済各社がコンビニを中心にキャンペーンをまだまだ行うと思うので、都度何がお得なQRコード決済か確認した方がいいとは思います。

でもいい加減、QRコード決済で何がお得か?振り回されるのは疲れましたよね。

その場合は普段よく使うQRコード決済かファミマをよく使うのならファミペイでいいと思います。

ただファミペイはクレジットカードでチャージできるのが「ファミマTカード」だけだったり、銀行口座からのチャージでもかなり銀行が絞られているので、ちょっと使いにくいQRコード決済になっています。

ファミペイで使える銀行口座

ファミペイで使える銀行口座、もう少しネットバンクを増やしてくれないと使いにくいと思うんですよね。

目次に戻る

ファミリーマートで使えるクレジットカードや他の支払い方法

セブンイレブンで使えるクレジットカードは、下記の国際ブランドのマークがついたクレジットカードであれば問題なく使えます。ただし1回払いのみです。

ファミマで使えるクレジットカード

VISA・Mastercard・JCB・DinersClub・American Express・DISCOVER・ UnionPay(銀聯)・新韓カード

新韓カードが使えるのが珍しいところです。

なお上記のマークがクレジットカードについていればいいので、楽天カードでもイオンカードでも使うことができます。

現金やクオカード、商品券も使える

当たり前ですが、ファミマでは現金も使えますし、クオカードも使えます。

商品券では、「ユニー・ファミリーマートグループ商品券」も使うことができます。

過去にユニーグループ・ホールディングス株式会社、ユニー株式会社が発行している旧デザインの商品券も使うことができますし、お釣りもでます。

デビットカードも使える

VISAデビットやJCBデビットも当然使えますし、ブランドプリペイド(au PAY プリペイドカード ・ソフトバンクカード ・LINE Payカード )も使うことができます。

JCBプレモカードも利用することができます。

目次に戻る

ファミリーマートのお得な支払い方法

ファミマでお得な支払い方法は都度変わります。

ファミマでは3つのポイントが選べる

ファミマでは支払いの時に上記3つのポイント、dポイント・楽天ポイント・Tポイントのいずれか1つのポイントを選んで貯めることができるので、この3つのうち1つはポイントカード(ポイントアプリ)を提示するとお得です。

ボーナスポイント商品

また商品によってはこの3つのポイントのうち1つにボーナスポイントが加算される商品もあります。

ポイントボーナス商品ならファミペイ

ファミペイボーナス還元

ファミリーマートには2種類のボーナス還元が行われていて1つはファミペイで支払った時に商品代金の5~10%がファミペイボーナスとして還元されます。

ファミペイ自体は最大でポイント還元率は1.5%なので、合わせて6.5~12%くらいの還元になるので最もお得です。

ただし、ボーナスポイント対象の商品に限るのでボーナスポイント対象でなければ、ファミペイはそれほどお得ではありません(キャンペーン時除く)。

またファミペイだと貯めたいポイントを1つ選び、同時に貯めることができるメリットがあります。

dポイント・Tポイント・楽天ポイントから選んで貯められます。

ただし違う支払い方法でも、この3つのポイントは貯められるので、カードを持ち歩きたくない人以外はそれほどメリットはありません。

気にせずお得にしたいのなら三井住友カード

ファミリーマートでのクレジットカード払いだと「ファミマTカード」が最もお得に思われていますが、ファミマTカードでの支払いでファミマでの最大ポイント還元率は2%です。

しかし三井住友カードだとポイント還元率は2.5~3%にもなります!

三井住友カード コンビニ3社とマクドナルドでいつでもポイント5倍

三井住友カードの特典でコンビニ3社(ファミマ・セブンイレブン・ローソン)とマクドナルトはいつでもポイント5倍なのでポイント還元率は2.5%になります。

なお「三井住友カード デビュープラス」という18歳から25歳までが持てるクレジットカードだとポイント還元率は3%にもなります。

合わせて、dポイント・楽天ポイント・Tポイントが貯まるポイントカードを提示すれば200円で1ポイント貯まるので、三井住友カードのポイント還元率と合わせて3~3.5%ものポイント還元率となります。

QRコード決済のキャンペーンを一々調べて使うのが面倒なら三井住友カードが最もお得になります。

ひたすらTポイントを貯めたいのならヤフーカード

ファミマを使っている理由でTポイントが貯まるから、という方もいます。

そういう方ならファミマTカードよりもヤフーカードがおすすめです。

ヤフーカードだと100円の支払いで1Tポイント、ファミマでの利用で200円につき1Tポイントが貯まるので合わせて200円毎に3ポイントのTポイントポイントが貯まり、ポイント還元率は1.5%になります。

ファミマTカードはおすすめしにくい

ファミマTカード

ファミマと言えば、ファミマTカードをよく勧めていることがあるのですが、正直なところ、ファミマTカードはおすすめしません。

理由は初期設定のまま使うとリボ払い専用カードとなっており、知らないうちに金利がかさんで損な支払いになるからです。

一括払いに切替も可能ですが、届いてからすぐに切り替えないと自動的にリボ払いのままになるとかなり損なクレジットカードです。

管理人
管理人

この「お金とクレジットカードとお買い物にまつわる話」の管理人としては、ファミマTカードはおすすめしないクレジットカードです。初期設定でリボ払い専用カードなのに、そのことは本当にわかりにくくしか書いてないため、詐欺同然のクレジットカードだと考えます。

目次に戻る

以上、ファミリーマートの支払い方法についてでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました