クレジットカードの国際ブランドって何?どれを選べば良いの?

クレジットカードの国際ブランドって何?どれを選べば良いの?クレジットカードの基本

国際ブランドはVISAを選ぶことが多いですが、JCBをよく使う鈴木です。

クレジットカードを作る際に「国際ブランドはVISA・Mastercard・JCB」からお選びいただけます。」と書かれていることがあるけど、国際ブランドって何?と思う方もいますよね?

僕も昔は国際ブランドを理解せずにクレジットカードを作っていました。

国際ブランドとは何か、どれを選べば良いのか詳しく解説していきます。

国際ブランドは世界的に使えるクレジットカードのブランド

クレジットカードの国際ブランドは、簡単に言えば世界中の国や地域で利用できるクレジットカードのブランドのことです。

例えば「VISA」は世界でもっとも利用できる国や地域が多いクレジットカードのブランドですが、VISA自体は実はクレジットカードを発行していません。

必ず別のクレジットカード会社がVISAと提携して、クレジットカードを発行しています。

有名なところでは三井住友カードは、VISAと提携して三井住友VISAカードを発行しています。

では国際ブランドが無いクレジットカードだとどうなるかと言えば、特定の店舗でしか使うことができません。

例えば日本人の5人に1人は持っているとされるイオンカード

イオンカードの国際ブランドありとなし

左のイオンカードは国際ブランドである「VISA」と提携しているので「VISA」のクレジットカードが使えるところでは、どこでも使うことが出来ます。

右のイオンカードは国際ブランドが無いので、イオンでしか使うことができません。

セブンイレブン 支払い方法

例えば上記はセブンイレブンの支払い方法ですがクレジットカードのところに「JCB・VISA・Mastercard・American Express・DinersClub・・・」とありますが、これらのマークがついているクレジットカードなら、どれでも使えるので、イオンカードに「VISA」とついていればイオンカードでも支払うことができます。

このように国際的に使えるクレジットカードのマーク(ブランド)を国際ブランドと言います。

国際ブランドは5大ブランド+2ブランド

7大国際ブランド

日本においては5大国際ブランドと言われているクレジットカードのブランドがあります。

  • VISA
  • Mastercard
  • JCB
  • American Express
  • DinersClub

この5社が5大国際ブランドと言われています。

そして6大ブランドになると「中国銀聯(ユニオンペイ)」が加わり、7大国際ブランドになると「Discover(ディスカバーカード)」が加わってきます。

VISA

世界でもっとも使えるのがVISAカードです。

海外旅行・海外出張に行くのならとりあえずVISAにしておけ!と言われるくらい安心感のあるのでとにかく1枚だけクレジットカードを作るのならVISAブランドを選ぶのがおすすめです。

なお、VISA自体は自社でクレジットカードを発行していないので、三井住友カードイオンカード等でVISAを選んで作ることになります。

なお海外旅行に行くのなら旅行傷害保険の充実した三井住友カードがおすすめです。

Mastercard

VISAと勢力を争っているのがMastercardです。

VISAとほぼ同じくらい世界で使えるクレジットカードとなっていますが、若干VISAよりは使える店舗が少ないとされています。

Mastercardも自社ではクレジットカードを発行していないので、VISA同様三井住友カードやイオンカード等でMastercardを選んで作ることになります。

え?三井住友カードでもMastercardがあるの?と思うかもしれませんが、三井住友カードはVISAかMastercardから選べます。

JCB

日本で唯一の国際ブランドとなっているのがJCBです。

ただしVISAやMastercardと比べると世界で見ると少なくなるという欠点はあります。

ただしJCBは海外でのサポートが充実しているので、海外でのサポートを目当てに契約する人もいるので、海外旅行初心者の内はJCBを選ぶというのもアリです。

なおVISAやMastercardは自社でクレジットカードを発行していませんが、JCBは自社でもクレジットカードを発行していますし、他のクレジットカード会社が提携してJCBのマークがついたクレジットカードを発行しています。

日本国内でもわずかにVISAより使えるところが少ないですが、日常生活で困ることはほぼ無いので、JCBがいいと思えばJCBを選んで問題ありません。

なおディズニーキャラクターのついたクレジットカードはJCBブランドからしか出ていないので、ディズニーキャラクターのついたクレジットカードを選ぶと必然的にJCBブランドのクレジットカードとなります。

American Express

VISAやMastercardよりは世界的にみて使えるところは少ないですし、日本国内でもVISAやMastercard、JCBよりも使えるところは少ないのがAmerican Express(通称:アメックス)です。

しかし、ステータス性が高く、American Express=お金持ちというイメージがあるので、American Expressを選ぶ人もいます。

American Expressは自社でもクレジットカードを発行していますし、他のクレジットカード会社が提携してAmerican Expressのマークがついたクレジットカードを発行しています。

日本国内だとセゾンカードでAmerican Expressしか国際ブランドが選べないクレジットカードもあります。

海外旅行でアメリカによく行く人であれば旅行傷害保険の充実からも選ぶ人がいます。

DinersClub

5大ブランドの中ではもっとも使えるところが少ないのがDinersClubですが、ステータスの高さから、American Express同様選ぶ人も大勢います。

ただAmerican Expressであれば年会費無料で持てる提携カードがあるものの、DinersClubは年会費無料で持てるカードが無いこともあり、アメックス以上にステータス性の高さを感じさせてくれます。

DinersClubも自社でクレジットカードを発行していると言えるのですが日本では代理店が入っています。

中国銀聯(ユニオンペイ)

6大ブランドとされると数えられるのが中国銀聯(ユニオンペイ)ですが、中国銀聯(ユニオンペイ)が国際ブランドと言われるようになってきたのは2010年頃からで、比較的最近のことです。

中国銀聯(ユニオンペイ)がここ最近影響してきたのは中国人が世界で爆買を始めた影響と言われています。

中国銀聯(ユニオンペイ)は中国のクレジットカードブランドのため、中国人に売るために中国銀聯(ユニオンペイ)が使えるようにしたことが影響しています。

日本でも中国出張用に中国銀聯(ユニオンペイ)を発行しているカード会社もあります。例えば三井住友カードなど。

なお中国に旅行に行くことが無いという方には一切関係ないクレジットカードです。

Discover(ディスカバーカード)

7大国際ブランドになるとDiscover(ディスカバーカード)が入ってきますが、ほぼ世界的には使えないため、気にすることはありません。

元々はアメリカのクレジットカードブランドであり、カナダやメキシコ、コスタリカで加盟店が増えてはいます。

最近ではJCBや中国銀聯(ユニオンペイ)と提携して使える国は増えていますが、日本ではDiscoverブランドがついたクレジットカードは発行されていません。

Discoverというブランドもあるんだ~という程度に覚えておいてもらえれば問題は無いでしょう。

結局、どの国際ブランドを選べばいいか?

もしクレジットカードが1枚しか作ることが出来ない、というのであればVISAを選んでおくのがベスト

それほどVISAは世界的に使えます。

もちろんVISAが使えないお店・ATM(海外でのキャッシング)も存在するので、できればVISA+アルファで2枚以上のクレジットカードをもっておくのがおすすめです。

ただ僕自身はクレジットカードは3~4枚を持つのが良いと考えているので、3~4種類の国際ブランドのカードを持っておくとより安心です。

  • 1枚しかクレジットカードを持たない=VISAを選べば問題なし
  • 3~4枚のクレカを持つ=VISA・Mastercard・JCB・アメックスで均等に持つ

以上、クレジットカードの国際ブランドって何?どれを選べば良いの?というお話でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました